採用予定者の特性を見ても、自社に適合するかの判断ができなければダメ

これは良くある話です。適性検査CUBICの受診をして、判定結果のAとかBを見るだけで安心してしまい、そく「採用」してしまうケース。これはとても危険です。御社の社風をまず整理しておいてください。過去のブログで何度も記載していますが、会社にはクセ、慣習、独特の習慣があります。どれだけすぐれた特性があっても、その慣習や独自の会社ルールに適合できなければ、優秀なスタッフはすぐに辞めていきます。

適性検査CUBICの診断において、採用予定者の適性の強い部分・弱い部分をまず見極め、その特性が御社の社風にマッチするかどうかの分析と判断が最も大事なことだと確信します。

2021-04-30

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371