企業によって求める適性が異なります

会社って経営者の考え方、ルールによって同じ業態でも全く違った会社になります。いわゆる社風が異なるからです。社風が異なると求める人材像も変わり、人材の特性も大きく異なってきます。

中小企業の人事担当者はそのことに気付いていない人が多いです。とにかく、良い学歴の、明るい人材、仕事が出来そうなさわやかな人材等を選抜したがりますが、実際入社してみると離職が多く、定着しないケースも多々あります。

経営者は、まず自社で活躍している人材の特性を適性検査CUBICで分析し、自社の採用基準を作成し、その基準に従い入社させる社員を決定していくべきかと思います。社風=経営者の感情のかたまりで合ったりします。この感情の部分で通じ合えない社員はどれだけ優秀でも、その会社には長く務まらないわけです。

2021-03-30

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371