適性検査CUBICの慎重性と身体性の関係

人の特性で、「身体性」が高くて「慎重性」も高い人がたまにいます。これは本来なら相反する特性なので、ありえないことです。身体性とは、すぐ行動に移せる人であり、慎重性とは、自分が納得するまで行動に移さない慎重な人です。

この特性がどちらも高いってことは、「??」てことになりますよね。慎重なのですが、診断結果が正しいとしたら、ある程度先が見えたら行動に移していく機敏なタイプだと、企業にとってはありがたい人材となります。

しかし、ここで疑って欲しいのは、検査の操作をしている可能性があります。自分を良く見せるために裏読み質問も理解し、自分の良いイメージで適性検査をだまして受診している場合がたまにあります。

その場合は、再度面談にて具体的事例やエピソードを語らせたり、実技試験を織り交ぜたりしながら、本当の診断結果か、偽りの診断結果化を判断していくことが大事です。

2021-03-25

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371