会社を辞めないで長く勤務してくれる人を採用しましょう!

会社を辞めないで、長く勤務してくれる人を採用したいものです。
少子高齢化で働き盛りの若者は減少し、大手企業の採用好景気で、
人材は取られていきます。

中小企業が安定して発展するためには、とにかく、自社の社風を
磨くことと、長く継続して働いてくれる人を採用することです。

適性検査CUBIC(キュービック)的に行くと、

・持続性が高い
・勤労意欲が高い
・協調性が高い

この3つが高いと、かなり、継続的に社内で勤務する確率が高いと思います。
後は、その人のモチベーションが社内の業務とマッチすれば、なおベターです。

今後、中小企業の採用戦略は「誰でも良いから人を採用する」方針ではうまく
経営できないと思います。自分の会社で活躍する適性のある人を採用して、
育てて行く経営方針でないと、持続的発展は難しいのだろうなと予測します。

まさしく、小数精鋭の企業経営方針で行くしか手が無いような気がします。
また、ハイブリッド経営も模索して行くべきです。

大事なことは、ダメとあきらめずに、どうしたらうまくいくかを「考える」ことです。

そのきっかけに適性検査は役立ちます。

2015-10-01 南本静志 適性検査CUBIC(キュービック) 
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/