面接時における質問は、応募者が新規学校卒業者の場合とそれ以外の場合、

個別面接と集団面接の場合、その他事業内容、職務の内容等で変わってきます。

 面接に当たり、応募者の緊張感をほぐすため、応募者が答えやすい身近な質問から始めます。

いわば、ウォーミングアップとしてとらえるものです。

 ○お待たせしました。どうぞ(いすに)掛けてください。お名前は、○○さんですね。

 ○今日は、何時頃に起きられたのですか。

 ○昨晩は、よく眠れましたか。

 ○待っている間、どんな気持ちでしたか。

 ○筆記試験は、難しかったですか。