・感動をしたり感化されたりしない人

・慎重になるばかりで進まない人

・ただ与えられた仕事をこなす人

・1人で仕事をすることが好きな人

・興味の範囲が限られている人

・生活の為だけに働いている人

・自身のことを全く理解していない人

採用すべきでない人。。挙げたらキリがありませんね。

どんなタイプ・評価の人でも「自己分析の出来ていない人」では論外です。

自分の短所も理解し、強みに転換すべく努力しているような人であれば

それはむしろ「採用すべき人」だと言えます。

日々進化を望んで実行しているからです。

評価だけにとらわれず「自己分析が出来ているか否か」を

重要ポイントとして、採用すべきです。