【内閉性】が低い人=社交性があり、コミュニケーションが取れる人材となります。

この手のタイプは、誰とでも話せたり、親しくなれますので、どの職種にも対応できると思います。

営業マンや保険等のセールス、小売業や飲食業でいくと、店舗管理者やマネージャー、接客業なども向いていると思います。

反対に【内閉性】が高い人=社交意識が低い人なので、どちらかというと、管理部門の総務や経理系の仕事、通販の配送等の黙々と仕事がこなせる職場が良いと思います。

まあ、社交意識が高い人材が採用出来れば良いですが、低い人でも能力やスキル重視で雇用しても良いかと思います。

あとは、社内で少しずつ、教育していく仕組みを作っておくと良いと思います。