モラトリアム傾向が低い人は、今の考えや生き方の方向性について自信を持ち、安定しているので、採用しても問題ないです。

がんがん色々な職場や職種で活躍してもらえます。

反対に指数が高い人は、メンタルにダメージを受けやすいと言えるので、危機耐性が必要な職種や目標達成が義務付けられた職種などは、将来的にリタイヤする可能性があるので、精神的に負荷が少ない、作業補助的な仕事がベターだと思います。

それと、小さな仕事を与えて少しずつ自信をつけさせてあげるような仕事の与え方をしていくと、成長していく可能性もあります。