この面接では、企業側も求職者を選んでいますが、求職者も企業を選んでいる。
そういう場面なんだということを伝えます。

こちらから質問するのは当然ですが、求職者からもたくさんの質問が引き出せるようにしてください。

その質問内容が賃金や休暇のことばかりでは問題があります。

具体的な仕事内容や、会社の方針などに興味を持っているかどうかが大切です。

双方が対等であるという雰囲気で面接が行われることが望ましいです。