中途採用者は履歴書上、数回転職している場合が多いです。

この転職が採用側からするとちょっとやっかいです。

聞きづらいという性質があります。

しかし、そんなことは気にしていられません。

ずばり、過去の職場の転職理由を聞き、「何故」そうしたのか、論理的に納得のいく回答があるかどうかを見て下さい。

履歴書上は退職理由を「一身上の都合」と記載している場合がほとんどです。

本人の退職理由の説明が「他責」の理由ばかり並べる人は要注意です。

自分に非は無いと思っているからです。

このタイプはどこの会社に転職しても、自分で努力してステップアップして行こうという気が無い人だと推測されます。

「鏡の法則」にあるように、自分に降りかかってくる事象はすべて自分が蒔いた種なんですね。

繰り返しますが、退職理由を『自分に非があり会社を退職した!』と言わない人は、御社に入社してもすぐ転職することでしょう。