適性検査は社員の個性発掘

社員や面談者の個性を知りたいという会社の欲求
が適性検査CUBICというツールを通じて、知ること
が出来るわけです。

個性は、その人の特徴ですので、悪い・良いで片付
けるこことはできないわけです。

判断基準は、会社の風土=社風からして、この特性
は弊社では「不要」、この特性は我が社には「必要」
というだけのことなんです。

それが、ほぼ世の中の企業は一律良いと思われる特性
持っている人材を欲しがるものです。

例えば、「社交性」は無いより、有ったほうが良いに
決まっています。「客観性」も無いよりあったほうが
良いです。

てな具合に、会社って、「一般的に良い特性」を基準
に人材を見ているので、自分の社風に適合する特性を
もった人材かどうかなんて、意外に見ていないです。

体裁が良いか悪いかで採用している感じです。

私はもっと中小企業は、自社の社風を分析し、
それに見合う人材を採用した方が良いと思います。

適性検査CUBICで採用基準を作りませんか?

2020-08-04

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371