適性検査の見どころ(信頼係数)

過去のブログで何度も記載していますが、
適性検査CUBICで最も大事な指標です。
まず第一に見てほしい指標なんです。
棒グラフで最低でも50%(半分)まで
達していない場合は、質問に対する回答の
信頼度が「低い」と判断しても良いと思います。

信頼度が低い人の傾向
(1)意図的に自分をよく見せようと仮想の
自分を気づき上げ、回答を進めていったが、
裏読み質問等があり、混乱し、回答の整合性に
不備が出てしまった。
(2)公私のけじめがない仕事を前職等で
行っていた場合、「公」の場の自分ではなく
「私」の自分で回答した場合、信頼係数が
下がる場合があります。
この検査はあくまで「組織人」の適性検査
なので、「公」の場のイメージで回答して
いただく必要があります。

普通は「公」のイメージで回答するものなの
ですが、前職「経営者やってました」なんて
人はたまにこうなります。

2019-09-02

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371