即戦力の社員ってどんなタイプですか?

一般的に、機敏に行動し論理的に物事をとらえ、全体視点で物事をとらえ、積極性がある人、でしょうか。

中途採用の場合、よくあるケースとして「面接でやる気があったのですが、いざ入社すると全く行動力が伴わない」とか

「面接では受け答えがはハキハキしていたが、実際は頭の回転が遅く、聡明さが全く見られない」というものです。

もはや面接だけでは中途採用活動は怖くて出来ない状況です。

相手(中途採用の被面接者)は面接の達人と化しているので、受け答えはなんとでも応え、面接をくぐり抜けてしまいます。

即戦力の社員を雇用するには、会社が中途採用者に何を期待しているのかを明確にしなければなりません。

何を期待するのか!の指標がその人が持つ「特性」ということになります。

行動力が欲しいのか、論理的な発想の人が欲しいのか、勤勉な人が欲しいのか、ストレスに耐えうる適性がある人が欲しいのか、自分の会社の業務内容からある程度おしはかれば、どんなタイプの人が欲しいのかわかるはずです。

必ずわかります。

その指標をまず自社で真剣に検討し、定義づけしてください。

あとは、その会社で定義づけた求める人材層的な特性に適合する特性をもっている人を発見すればよいのです。

その時に活躍するのが、適性検査cubic(キュービック)です。

下手な社員を雇用して、ストレスをためるより、少ない投資で良い人材を雇用するのと、どちらが得策は聡明な社長ならお分かりかと思います。