社員の適性を理解することからマネジメントは始まる

社員の適性を把握しないと、経営者って、何も
出来ないと思うのですが、意外にみなさん、良い
意味で「適当」にできちゃっています。それは
面談したり、仕事ぶりを見たりしながら、その人
の特徴や弱点を発見しているのだと思います。

しかし、潜在化している特性がたくさんあり、
それを面談や仕事ぶりで発見することは難しく、
適性検査等に頼った方が良いかと思います。

自分しか知らない特性を相手に知られることは
恐怖かもしれませんが、それを知った上で、
経営者はマネジメントしていかないと、
適材適所なんて無理ですよ。

2019-03-04

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/