経営者の仕事は組織の指揮者

オーケストラの指揮者は、良いハーモニーを
出すために、「音に妥協」しません。
一人ひとりの個性・特性をすべて把握して、
音のハーモニーを組み立てていく(はず)

中小企業経営者も、そんな「指揮者」の能力
をまとめる力が必要となります。そのためには
組織のすべての人の特性を把握して、どんな
音(経営的成果)をかもし出すか!という戦略
を立てなければならないはず。

その戦略上で、誰の音をレベルアップさせて
いくかを考えて、従業員教育を行う必要があります。

適性検査って、そんな組織をちゃんと作りたい
経営者にこそ、使ってもらいたいです。

ぜひトライアルを!

2018-09-28

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/