本当に実力のある人を雇用したいのなら

適性検査を重宝している中小企業は多いです。
人事担当者が、誰を選抜してよいかわからない
時代になったからです。

昔みたいに「面接」で良い人、だめな人って判定が
非常に難しくなっています。
なぜなら、面接本、マニュアル本が沢山書店にならび
みんな予習して企業面接に望むからです。

本当に実力のある人を雇用したいのなら
以下のことを真剣に実践して欲しいところです。

■長文要約テスト
・・これで地頭の良さをある程度見極められます。
長い文章の要点を抑えてまとめる力。
■能力検査(CUBIC)
・・これも最低限の常識が歩かないか
■実地テスト
・・御社の仕事に直結するロールプレイングや
実演テストを実施し、レビューさせる
例えば、販売職なら「販売ロールプレイング」
などを実施する

これくらいやらないと、本当に欲しい人材にたどり
着かないです。適性検査CUBICはあくまで、その
サポート資料ってとこです。

2018-09-10

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/