適性検査CUBICの活用事例

最も活用されているのは、
ずばり、「採用時の面談補助資料」です。

当たり前か!

採用に自社の社風に適合する人を採用しないと
組織はうまく行きません。
だから、御社の社風を適性検査CUBICで分析する
のです。

ハイパフォーマー集団
ローパフォーマー集団
の適性検査を集めて、それらの因子の差を分析
するのです。大きく差がある箇所を発見するのです。
ハイパフォーマーに「強い傾向がある因子」が
御社の特徴ある社風となります。

それが御社の採用基準となるので、
それらの社風に近い人を採用すると組織はうまく
回るはずです。(理論上は)

2018-08-27

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/