社長の適性検査

社長も適性検査CUBICをぜひ受診してきみてください。
そして、自分の部下(経営幹部や管理職)の適性診断
CUBICの結果と見比べてみてください。

例えば、「パーソナリティ」を見てください。
同じ特性のタイプだと、おそらくですが

「反撥」します。

うまくいくパターンもありますが、それは短期的に
意気投合するだけで、長期的にみて、同じパーソナリティ
の特性因子を持っている場合、「反撥」します。

そりゃそうですよね。
やることなすこと、同じような発想で行動するわけ
ですから、人として、よほど度量が大きくない限り
イラッと来るものです。

だから、経営者はそのような人を排除しようとする
わけで、ごく自然なんです。

だから、経営者こそ、適性検査CUBICを受診して、
自分の弱い特性を保管してくれそうな幹部や管理職
をブレーンとして登用していきましょう!

2018-08-09

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/