適性検査で適材適所な配置をやってみよう

ワールドカップのセネガル戦。
選手のマネジメント力が発揮されました。
西野監督は、人心掌握がとてもうまい人だなと
思います。

適材適所を心得ており、
ここぞというときに、本田や岡崎を投入し、
相手を撹乱するとともに、自チームのペースに
持っていっていきました。

これって、企業でいうと、働く部下の特性を
すべて把握して、その人が最も活躍する場面に
登用するってことです。

そんな登用をするってことは、
「部下の特性(強い特徴、弱い特徴)」を上長
や会社は把握しておく必要があります。

それに役立つツールが現有社員分析です。
ぜひトライアルを受けてみてください。

トライアル3名まで無料
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/

2018-06-25

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/