採用活動は投資です。
良い人材を取ることはもちろん、自社で活躍する(はず)人材を採用しなければ意味がありません。
しかし、この最も大事な局面を「30分程度の面談」で即決している中小企業が実に多い。

最終面談者の社長の「即決」によるものですが、後で後悔することが多いです。
面談なんて、気分でその人の印象が良くなったり、悪くなったりします。
社長の気分がいい時は、実に楽しげに面談は終了します。

そんななんで良いのでしょうか?

投資ですよ、人材採用は。

投資する際、株でも金でも、不動産でも、実に念入りに調査するはずです。それがこと人材採用となると、あまり気乗りしないのか、面倒くさいのか、論理試験や能力試験、文章要約試験、適性検査などをやらない。

そして、最終入社させては良いが、社内で問題を起こすトラブルメーカーだった!なんてこと、実に多いのです。
そんなあほな採用活動、もサイナラしませんか!

御社の採用活動の仕組みを作っちゃえば良いのです。
簡単です。面談30分、適性検査20分、論文要約30分等の仕組みを決めてしまうのです。

たったそれだけで、入社後労務トラブルの発生率は格段に下がることと思います。