弊社の適性検査CUBIC(キュービック)では、自己分析シートを作成して還元するサービスを提供しています。

「自己分析シート」は、人事部門が見るシートよりも、表現が柔らかく、その個々人の適性や特性の棚卸を行うことができます。
棚卸を行う場面として、

 ①管理職研修やリーダー研修でのフォードバックで活用
 ②人事面接の際に、上長から1年間の活躍度合とからめて特性のフィードバックを行う。
  この際、会社側は「現有社員の特性分析結果」を保有しています。
 ③組織分析した際、社員に個別に適性診断結果をフォードバックする資料がないので、
   名目として「自己分析シート」を還元しています。

まあ、人間、いくつになっても、自分を見つめなおす機会、棚卸する機会が必要かと思います。
そんな会社の方、ぜひ、一度適性検査CUBIC(キュービック)を活用してみてはいかがでしょうか!