ずばり「適性診断CUBICの結果に良し悪しはありません!!」

適性診断とは「その人と成り」が浮彫となるツールです。

良くあるご質問で「それで、この人、雇っても大丈夫ですか?」というのがあります。

診断結果では、この部分を見たら雇って良い、悪いが分かるという箇所はありません。
結果を隅々まで読み込んでいただき「御社の求める人材なのか」を採用側で判断をしていただくツールなのです。

例えば「積極性が高い」という結果が出ているとします。

A社は「営業担当」の採用を予定している。
この場合は積極性が高いというのは高評価に値します。

B社は「経理事務」の採用を予定している。
この場合は積極性よりも「持続性」「規則性」を求めます。

「良し悪し」は採用する側によって異なるということです。

そこを踏まえた上で、まずは無料トライアルで現有社員の適性診断を読み込んで下さい!
見えてくるものがあると確信しています。