「勤労意欲」は高い方が良い

適性検査CUBICでは、「勤労意欲」という特性が
あります。その特性は働くことを喜びと感じる特性
ですので、ぶっちゃけ、この数値が45を割って
いる人は、採用は諦めたほうが良いと思います。

数値は偏差値ですので、平均が50となります。
ほんらい50を割っている人も論外なんですが。。

採用する側からすると、当たり前です。

この数値の低い人は「とりあえず生活のために働く」
というとてもネガティブな意識を持って仕事をします。
言われたことはやりますが、それ以上は無理って
感じの人でしょうか?

それよりも、「勤労意欲」が最低でも55以上の人
を雇用して下さい。その人は、仕事に工夫を行いな
がら楽しく働く事ができる人材となる確率が高くなり
ます。

仕事って、その人の特性がよく出ます。
其の特性を熟知してマネジメントするのと、しないと
では雲泥の差が出ます。

まずはトライアル受診されてみてはいかがでしょうか?

スピード無料トライアルのお申込み

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/