厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義

 

されていませんが、一般的な特徴として、

 

 

 

 

 

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

 

② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行する

など企業全体のコンプライアンス意識が低い

 

③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

 

 

などと言われています。

 
したがって、企業としては、このような問題点が生じないよう、

 

企業全体でコンプライアンス意識を高く持ち、労働条件、

 

就業環境を改善していくことが大切です。

 

 

厚生労働省~確かめよう労働条件~より