少子高齢化、団塊世代の大量退職、成果主義の導入、

 

国際競争の激化、人員削減による負担の増大、経済状況の

 

悪化など、近年、働く人びとを取り巻く環境は大きく変化

 

しています。

 

 

こうした変化に伴い、仕事でストレスを感じている労働者の

 

割合や、ストレスの内容も変化してきました。

 

 

厚生労働省が5年に1回行っている「労働者健康状況調査」

 

によれば、「仕事や職業生活でストレスを感じている」労働者の

 

割合は、50.6%(1982年)、55.0%(1987年)、57.3%(1992年)、

 

62.8%(1997年)、61.5%(2002年)、58.0%(2007年)、

 

60.9%(2012年)と推移しており、今や働く人の約6割はストレスを

 

感じながら仕事をしていると言えます。

 

 

この割合を年代別に見てみると(2012年の調査結果)、58.2%(20歳代)、

 

65.2%(30歳代)、64.6%(40歳代)、59.1%(50歳代)、

 

46.9%(60歳以上)と推移しており、30歳代・40歳代のいわゆる働き

 

盛り世代のストレスが高く、この傾向は、男女ともに共通しています。

 

 

 

ストレスの内容を具体的に見ると(2012年の調査結果)、

 

人間関係(41.3%)が最も多く、仕事の質(33.1%)、仕事の量

 

(30.3%)と続きます。

 

 

これを男女別に見ると、男性では人間関係(35.2%)が最も多く、

 

仕事の質(34.9%)、仕事の量(33.0%)と続くほか、会社の

 

将来性(29.1%)や昇進、昇給の問題(23.2%)、定年後の仕事

 

・老後の問題(22.4%)についても男性の3人から4人に1人の

 

割合で訴えていることが分かります。

 

 

一方、女性では人間関係(48.6%)でストレスを自覚している人が

 

約半数を占め、続いて仕事の質(30.9%)、仕事の量(27.0%)と

 

続いています。

 

 

これらの結果は、仕事で経験するストレスの内容が性別によって

 

異なることを示しています。

 

職場でストレス対策を進める際には、これらの内容の違いを十分に

 

考慮する必要があると言えるでしょう。

 

~働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト~厚生労働省より