厚生労働省 
働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト 〜心の健康確保と自殺や過労死などの予防〜より

労働者が業務上災害にあった場合には、労災保険の各種給付の請求は、基本的には

被災労働者本人が行うことになります。

ただし、各種請求手続において、被災労働者の求めに応じて、事業主が災害の発生日時や場所、

発生状況などについて証明することになります。 

一般に建設業では、一つの工事を一つの事業として労災保険の適用の対象としています。

 したがって、建設業における数次の請負いによる事業の場合には、原則として元請負人が

事業主となり、元請負人が自分で労働者を使用して行う工事の部分だけでなく、

下請けに請負わせた工事の部分を含めて、一括して保険に加入することになります。

 したがって、ご質問のケースでも、元請負人である貴社が事業主として、

労災保険の各種給付にかかる証明を行うことになります。