厚生労働省 
働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト 〜心の健康確保と自殺や過労死などの予防〜より

うつ病は気分の落ち込みといった精神的な症状だけでなく、

食欲不振、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、しびれ、息苦しさ、頻尿など、

さまざまな身体症状を伴います。

中には身体症状が前面に目立ち、逆に精神症状に気づかれにくいことがあります。

このようなうつ病は、「身体症状にマスク(仮面)された」という意味で、

仮面うつ病と呼ばれます。

身体症状に気を取られ、なかなか、うつ病とは気づきません。

ですから、患者さんは体の病気として内科等を受診し、

身体症状のみ訴えるため、体の病気として治療が試みられることがあります。

しかし、身体的な原因がはっきりつかめないために、長い期間、

辛い思いをすることがあります。

このように、内科等で必要な検査をしても原因がはっきりしない

身体症状が長く続く場合には、うつ病を疑う必要があります。

仮面うつ病であっても詳細に聞いていくと、精神症状の存在が明らかになります。

そのためにも、精神科で検査を受ける必要があります。

仮面うつ病であっても、適切な治療により軽快していきます。