気配りしてますか -上司・同僚の方へ-

パワー・ハラスメントとは、

「職場において、職権などの力関係を利用して、

相手の人格や尊厳を侵害する言動を繰り返し行い、

精神的な苦痛を与えることにより、その人の働く環境を

悪化させたり、あるいは雇用不安を与えること」とされています。

ハラスメントは被害を受けている社員のメンタルヘルス不調に

結びつくだけでなく、職場にハラスメントを容認する風土があれば、

他の社員のやる気もそがれます。

 部下や同僚のハラスメント被害に気づいたら、まずはプライバシーに

十分配慮しつつ、真摯に話を聴くことが大切です。

その際に、本人にも問題があるような発言をしたり、

否定するような発言をすると、2次被害を与えてしまう場合があるので

注意が必要です。

メンタルヘルス不調の徴候に気づいたら、産業保健スタッフへの相談を勧めます。

 ハラスメント行為者が直属の上司である場合などは、

本人が相談したがらない場合や、パワー・ハラスメントかどうかの判断が

第三者から見て難しい場合は、放置するのではなく、まずは自分自身が

産業保健スタッフに相談してみるのも一つの手です。

また、ハラスメントは人権問題でもあり、産業保健スタッフへの相談だけでは

根本的な解決にはなりませんので、ハラスメントの相談窓口に相談することが

必要な場合もあります。

厚生労働省 
働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト 〜心の健康確保と自殺や過労死などの予防〜より