気配りしてますか -上司・同僚の方へ-

部下や同僚のメンタルヘルス不調に気づくには、

「本人の通常の行動様式からのズレ」 に着目することが大切です。

たとえば以前と比べて遅刻が多い、顔色が良くない、口数が少ない、

身だしなみが乱れてきた、昼休みに一緒に食事に行かなくなった、

仕事の能率低下やミスが目立つなどです。

このような徴候に気づいたら、一度時間を取ってゆっくり話を聴くことが大切です。

 その場合、アドバイスするよりも、その人の気持ちを十分に聴くという姿勢が大事です。

話を聴いてみて、眠れない・食欲がない・疲れやすいなどの体の不調や、

飲酒・喫煙量の増加などに気づいたら、率直に心配している気持ちを伝え、

社内の産業医や保健師への相談を促しましょう。

厚生労働省 
働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト 〜心の健康確保と自殺や過労死などの予防〜より