5月に入り、研修なども一段落して、早速「テレアポ営業」や「ピンポン営業」に

出動させらてれいるのでしょうか。

このところ営業電話とピンポン営業が多い気がします。

ものすごく緊張しているのが伝わってくるような、おどおどした、

かつ恐縮極まりない感じで、やっとこ自社名と名前を名乗り

震えるような小声で一生懸命話して来られると、ついつい耳を

傾けてしまいます。

自分もこんな時があったな~とか

直前の電話で怒鳴られちゃったのかな~とか

ピンポン営業でも、インターホンから、今にも泣き出しそうな声で

「お名刺だけでも交換させていただけないでしょうか。お電話などは

決していたしませんので。。」なんて言われると、ついつい親心とでも

言うのでしょうか。名刺を渡してしまいます。

要するに、営業トークが上手い下手ではなく、結局は「心が通じるか」なのだと

しみじみ思うのです。

「誠実・真面目・謙虚」

これに尽きると思います。