「おりまーす」の声が、か弱い女子高校生。

周りが気付かずになかなか降りられない女子高校生。

「降りる方がいらっしゃいますよ~」と素敵な紳士ボイスが聞こえた。

もうそれはロマンスグレーのアナウンサーばりなボイスだ。

そこから妄想が始まります。

「会社の重役さんか?」

「愛妻家に違いない」

「室内犬を飼っている」

「マルチーズだ。赤いリボンでちょんまげしている」

「奥様の趣味がガーデニングとレース編み」

「お手製のレースが敷かれた花瓶にはいつも生花」

「週末は一緒に台所に立つ」

「一緒に作るのはイタリアンのコース」

「前菜から始まって最後はパスタ」

「早めの夕方から冷えた白ワインを開けながら」

「食後はソファで高級チョコレートとエスプレッソ」

「レコードを聴きながら」

こんな妄想をしているとあっという間に降車駅に着いた。

何の話だいったい(笑)