時々、通勤電車で娘の通学と一緒になることがある。

当然、恐ろしいほどの満員電車だから、

同じドアから乗っても社内ではめっちゃ離れ離れになる。

10分ほどすると娘の降りる駅。

「すみませーん。おりまーす。」と声だけ聞こえる。

このときの声がね、小さすぎず、大きすぎず、高すぎず、ちょい低で。

絶妙なんです。

普段聞きなれているからっていう加点もあるかもだけど。

で、ドア付近のお勤め人さんたちがすっとよけてくれている。

「伝える」って大事です。