訓練をしましょうか。

廻りから声掛けをしてください。

ミスが直接大きな問題になるような仕事は避けて、

社内整備などをいくつかの案件を掛け持ちで与えてください。

リーダーや上司も複数いた方が良いかもしれません。

とにかく訓練です。

1つのことをコツコツとやるような作業ではなく、

考えてから行動するような案件をいくつか与えてみてくださいね。

「分からないことがあるときは、いつでも必ず聞いてきてね」

伝えておくことはマストです。

「どんなにこちらが忙しそうにしていても大丈夫だからね」と。