それはズバリ、理想と現実のギャップです!

現在働いてる従業員の方は、現状に満足されているのでしょうか。

今以上にその個人を活かした部署があるかもしれません。

そんな時こそCUBICの【モチベーション測定】が活かせるのです!

主に現有社員向けに行う検査で、

現実(現在どのように働いているか、どの程度充実感を得ているか)と

理想(本当はどうしたいのか、何を重要視しているのか)を比較することで、

その個人の働き方に対する志向性を想定することが出来ます。

この【モチベーション測定】により、その個人の適材適所を見つめなおし、

配置転換することによって従業員の定着度も上がってます。

また、現有社員のハイパフォーマー実施し、その考え方を分析することによって採用の際の目安にもなります。

なかなか社員が定着しない、すぐ辞めてしまうとお悩みの人事ご担当者様、

今すぐトライアルをお試しください!