昨年、自動車販売ディーラーからCubic(キュービック)適性検査を55人分オーダーを受けた。

適性検査を受診してもらうことで、その人のパーソナリティを80%の確度で「見抜ける」ので、販売職に適合できる人材を事前に発掘できるメリットがあります。そして、この会社様は、既存社員で現在活躍している社員の特性と入社採用する社員の特性を比較し、入社してより活躍しそうな個人特性を持った人を優先的に雇用したいと言っていました。

どれだけ勉強が出来ても自社の仕事の特性(企業風土)に適合できる人材でないと、採用しても全く投資対効果がでず、無駄な投資になってしまいます。

当該企業様は自動車の営業という特性に適合する人材を厳選される事でしょう。