仕事が出来ない社員の見分け方

『仕事が出来ない』というキーワードで連想して下さい。

まず、第一にイメージできるのが、「社交性がないこと」ですかね。
社交性が無い人は、基本、コミュニケーションが取れない人が多いので、
社内でも対お客様でも同じで、意思疎通が出来ない人が多い。
だから、仕事が上手く進められず、社内で孤立するというパターンです。

もう一つ、『勤労意欲』ですかね。
勤労意欲が低いと、仕事そのものが嫌いな人が多い。
そもそも、仕事が嫌いって言う人を雇用しちゃいけないですよね。
どんな仕事でも、自分で意識を切り替え、前向きに取り組む人でないと
成果は出せないと思いますね。

御社内に、仕事が出来ない人、どれくらいいるかチェック(棚卸)したく
ないですか?現有社員の適性検査を受けて頂くと、
その当たりの特性分析がばっちりわかります。営業マンなのに社交意識が
低い人とか、管理部門の社員なのに、規則性が低い人とか、
今の仕事が本人の特性に合っているのかどうかがバッチり判定できます。

まずは、トライアル3名無料を受診してみて下さい。
それから、全社員に診断させるかどうかを見極めれば、良いと思います。

===============================
☆トライアル3名様まで無料で実施
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/entry/
===============================
2016-01-21
アールイープロデュース
南本静志
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/ (適性検査CUBIC)