採用では「類は友を呼ぶ」

簡単に言うと、今いる社員と同じような人が寄ってくるということ。
これは会社に社風、経営者にタイプ、立地や様々な理由があります。

なぜか知らないけど、同じような人が採用されているケースが
多い。これは最終面接を担う経営者の判断が大きいと言えます。

これを回避しるためには、「経営者に面談に参加させない」こと
も一つの選択肢です。そうすると、経営者自身の好き嫌いでの
採用が無くなり、特性の異なる良い人材が採用出来る可能性
が高くなります。

ある会社では、社長は採用面談に立ち会わなくしているそうです。
その結果、個性のある社員が徐々に入社しているとのこと。

弊社でもスタッフを雇用する際、現行スタッフ全員で採用面接
や採用するかどうかを決めてもらっています。
基本、私はその決定に従うようにしています。

ほとんどの時間を共有するのが現場スタッフなのですから、
彼らが認めた人とは、うまく仕事を進めて行くことが可能と
なるわけです。その方が会社はうまく回ります。

そんなこんなで、
採用用、現有社員用のトライアル、ぜひ、お試しあれ。
無料トライアルはこちら(3名まで無料)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/entry/

2015-12-8 適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/