良い人を採用したいという思い

中小企業はブランドも知名度もなく、良い人材を確保すること
は至難の業です。

しかし、発想の転換をしてみてはいかがでしょうか?

中小企業だからこそ、
面接や試験、適性検査を充実させて、
『お!かなりレベル髙い企業やな』と被面接者に思わせる
という作戦。

新しい人を採用する際に、
1.面接試験を最低でも3名で行う。
2.最終面接は社長
3.筆記試験の実施(論理、要約、時事問題など)
4.適性検査は面接後、骨のありそうな人に受診してもらう

最も大事なことは、「一緒にこの企業を盛り上げて下さい」
という経営者側の熱い想いが伝わるかどうかです。

「やとってやる!」的な目線、発想では、良い人は一人も
雇用できないと思います。相手にその態度や姿勢は伝わり
ますので。。。

良い人を採用するには、適性検査CUBIC(キュービック)は
必須です。

採用用、現有社員用のトライアル、ぜひ、お試しあれ。
無料トライアルはこちら(3名まで無料)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/entry/

2015-11-27 適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/