Monthly Archives: 7月 2020

リモートワーク時代の適性検査キュービック

今リモートワークがもてはやされています。
コロナのおかげ?(影響)ですかね。

人事部の採用担当者の腕の見せ所となります。
リモートで、以下に良い人材を確保するかは
リアル面談できた時期と比較して、とても
難しと思います。

必須なアイテムは
(1)テレビ会議(ZOOM等)
(2)リモートで実施できる適性検査
(3)筆記テスト(要約テスト、実技テスト、
思考力テスト、ロールプレイングなど)

心底、人事部門の採用力が試される時代だと
思います。そのサポート資料として、適性検査
CUBIC(キュービック)があるわけです。

リモートワークにご活用ください。
CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

2020-07-31

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

適性検査の件数が伸びないね

採用市場、とても落ち込んでいると思われます。
来年の新卒者の就活、苦戦している学生も多い
のではないだろうか?

大手企業ですら、採用を縮小やゼロとかの報道が
出ていますので、中小企業もなおさらですね。

しかし、裏を返せが、優秀な人材を採用する
チャンスでもあります。

御社の人事戦略を再検討し、世代ギャップを
生まないためにも、優秀な新卒を採用していく
戦略も考えてよいかと。

何でも戦略ありきなのです。

2020-07-28

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

「組織」って腐ったミカンが一つあると、全体がだめになる

腐ったミカン理論です。
これを否定しません。私は肯定派です。
「腐ったミカン」の人材ってどんな人か?

・会社の方向性と異なる主張・行動をとる
・会社内でチームワークを乱す言動・行動を繰り返す
・上長の業務命令に逆らう 等々

まず面談で行うべきことがはっきりしています。
①御社の理念・ビジョン、特に行動指針の踏み絵を
行い、誓約させ、それに背けば自主退職する旨
誓約する
②適性検査CUBICで特性と能力検査を実施。
能力検査は、知的事業の場合は有効。地頭の強い人
を採用することが可能。
③圧迫面接
反発する人が多いので、
ちょっときつめに、具体的な答弁を求める質問
を次から次へと投げかける。その際、「イラっと」
した表情を浮かべる人は、採用は避けた方が良い
かと。

2020-07-27

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

組織を乱す確信犯を適性検査でどう見破るか

適性検査CUBICでは、特性の強い・弱いが
わかりますが、その人が仕事ができるか、
どうかまではわかりません。

しかし、最近労使の労務トラブルがコロナ禍
で多くなっています。最も多い現象は
収入減に伴う「お金支払え族」です。

■解雇時の解雇予告手当、
■休業補償されていない分のお金
■未払残業代

この手の人たちの共通点があります。
「業務命令を無視し、自分の好き勝手な言動」
を行うこと。
これは適性検査では見抜けません。
見るとしたら「感情安定性」でしょうかね。

見抜くためには、
リアルもしくはWEB面談で、質問攻めにしたり
ちょっと圧迫面接(聞きにくいことをバンバン聞く)
をして、その時の表情、態度、言動、しぐさを
しっかりチェックしてください。

すぐ切れやすい、文句を言う人には、かならず
目に見えるシグナルが出ます。

良い人材を採用してください。
そうしないと、組織が壊れます。

2020-07-22

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

勝てない相手?しかし、止められない

ネットで「適性検査 CUBIC」と検索すると
競合他社が3,4企業、出てきます。
弊社もトップページに出て来るのですが、
いまだにTOPページの1番上(広告除く)に
来ることはありません。

HP制作会社から「ブログを毎日書き続ける」
を愚直に実行し、今や1000記事を超えて
来ていますが、TOPページの1番には程遠い。

これはおそらくお金をかなりつぎ込まないと
ダメなんだろうなと最近はあきらめています。

しかし、TOPページに君臨するためには、
当該ブログ更新を止めてしまうと、陥落しそう
でとても怖いのです。

毎日、その恐怖心と戦いながら、
ブログを更新しています。

ぶっちゃけ、ネタに日々苦しむのです。
これからも止めずにUPし続けまっせ!

2020-07-21

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

リモートワーク時代の面接手法

①WEB会議での面談
・具体事例
・圧迫面接(質問で追い込む)
②在宅での適性検査
③筆記試験
・長文要約(200文字)
・アイデア発想
・時事問題
・この会社で成し遂げたいこと
④ロールプレイング(WEB会議にて)

これをセットで実施しないと、結構厳しい
人材を採用してしまう可能性があります。
やりすぎると、誰も入社してくれなくなるので
バランスが大事ですね。
特にWEB面談の「圧迫面談」などは。

2020-07-20

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

リモートで採用予定者の特性を知る方法

人事部もコロナで在宅勤務が多くなっていると
思います。その際、適性検査や採用面談の準備
に忙しい日々でしょうね。

そこで、リモートワークでも活躍できる
適性検査CUBIC FOR WEBをご利用ください。

面談予定者に期限を決めてメールを送信し、
適性検査キュービックの結果を在宅のPCから
見ながら、面談の予定を組んでいけます。

面談はZOOM等のWEB会議で、適性検査CUBIC
の結果を見ながら、ちょっと厳しめの質問や
具体的体験談を話してもらうことで、良い人材
かどうかをリアル面談に比べても引けをとらない
結果を得られるはずです。

その為には、「適性検査CUBIC FOR WEB」
ですね。

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

 

2020-07-16

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

 

人の特性がすべてではないですが、無視できない項目です。

人には特性があります。
生まれ持ったものから、後天的なものまで。

この特性、仕事をする上でとても大事なものと
なる場合が、多々あります。

例えば、「規則性」が乏しい人に、毎日ルーティーン
で同じことをマニュアルに従って作業することを
強要しても、生産性は上がらないと思われます。

また、「慎重」な人に対して、「早く動け!」
って言っても、先が見えないと動けないタイプ
なので、ストレスがたまり、やがて辞めていきます。

そうならないために、自社スタッフの特性を
適性検査CUBICで診断し、経営者がつねに部下の
特性を把握しておくことが大事です。

2020-07-15

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

クラウド化されても、人が絶対必要

WITHコロナでリモートワークが盛んです。
リモートワークでも仕事をこなす「人」は
必須で必要です。

しかし、絶対数は2/3とか半分とかになる
でしょう!

リモートワーク時代に、能力を発揮できない人は
解雇され、仕事がなくなります。
より優秀な人だけが生き残れる厳しい時代に
なってきていると思います。

従業員の方は、自分の特性を100%理解し、
どの特性を強化し、どの弱点を補強するかを
真剣に分析し、会社にアピールしないとやがて
淘汰されますよ。

今から、リモートワーク時代にとって、
「優秀な人材」を自分でイメージし、
切磋琢磨してください。

2020-07-09

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

人にイライラしてはいけない

人には個性というか、特性があります。
その人を雇用した時から、会社(経営者)は
その人の活用方法を真剣に考えなければなりません。
それができないなら、雇用するなって話です。
適性検査CUBICの診断結果を見て、水際で
防げってことです。

会社に自分を合わせられる人はまだ良いですが、
どうしても細かい点で会社の方針を守れない
人が出てきます。

そんなちょっとしたことでイライラしていると、
経営全体のSTORYをデザインできなくなります。

ちょっとずれずれの人材を雇用してしまった場合、
「諦めてその人に会う仕事をあてがう」か
「さっさと辞めていただくか」の二択です。

私的には、後者ですかね。
社内にいると、イライラするので、さっさと辞めて
いただく方向で調整しますかね。

2020-07-08

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371