Monthly Archives: 12月 2019

適性検査CUBICのリピート性

適性検査CUBICは一度使っていただくと
二回目、三回目とリピートで使っていただける
企業様が多いです。それは直感的に診断結果が
わかるからだと思うのですが、内容がとても
核心をついているからだと思います。

一旦、その適性検査を信頼すると、それを
使わざるを得ないことになるようです。

使わないといられない。

それが適性検査CUBICのマジックなのかもしれません。

2019-12-23

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

経営者はたまに適性検査CUBIC結果をたまに見るべし

社員は日々成長しています。
反対に、日々仕事に悩み停滞している人もいます。
これを経営者はチェックし、「ん?あの子、おかしいな」
って思ったら、過去に受診させた適性検査CUBICの結果を
一度みてください。

悩んでいるその人を、どのようにフォローしたら良いか
等のヒントが詰まっています。

ぜひ、過去の分を見直してください。

2019-12-20

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

適性検査CUBICは人の内面を顕在化させるツール

弊社が中小企業に、適性検査CUBICをおすすめする
きっかけになったのは、約20年前、私が起業した
際に、あるベンチャー企業(その頃ベンチャーのIPO花盛り)
から、入社しても社員がすぐ辞めてしまうと相談あり、
色々な適性検査にを調べて、たどり着いたのが適性検査
CUBICだったのです。

これに惚れた理由は
(1)心理テスト有り
(2)顔イメージが絵で出る
(3)隠したい特性を顕在化させることができる
(4)うつ的な人をある程度発見できる

中でも、(3)「隠したい特性を顕在化させることができる」
が気に入った次第です。

私自身、トライアルを受診した際、「他者に知られたくない」
ことをいとも簡単に暴露されていた(笑い)ので、
びっくりしてしまい、「このツールだ!」と惚れ込み、
すぐさま代理店になり、今、色々な弊社のクライアント様に
サービス提供している次第です。

人により、惚れ込むポイントは異なると思いますが、
それで良いと思います。

2019-12-16

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

適性検査CUBICは心理テストを含めています。

適性検査CUBICは、心理テストが含まれています。
だから、裏読みできない問題があるので、
信頼度がより上がるのです。

心理テストなので、被験者は何を聞かれているのか
わからないので、被験者は何も問題なく受験した
と思っているのでしょうが、結果は「・・・」って
ことが多々あるわけです。

心理テストなので、とても面白いです。

ぜひ、トライアルを受診してみてください。

2019-12-12

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

「A」判定至上主義

日本人は、5段階評価だと、「5」が最も素晴らしい
と教育されています。だから、最高の評価をつけた人
を見たとき、採用したくなるものなんです。

適性検査CUBICでいう「A~E」までの評価があるのですが、
その中で「A」評価がたまに出ます。中小企業経営者は
「A」評価の人をすぐ雇用してしまいます。
これが「A判定至上主義」と私が勝手に命名しました。
「A」評価の人をうまく使いこなせている会社を私はまだ
見たことがありません。

「A」評価の人って、「どんな仕事でもそつなくこなせる」
特性を持っていることなんです。だから、端的に言うと、
「頭がよい」といえます。頭がよいということは、
組織の雰囲気や福利厚生、ブラッキーな会社、人間関係
の悪さ等の判断をすぐさま察知し、判断します。

つまり、中小企業は経営者のわがままが社風になっている
会社ばかりなので、そんな優秀な人が入ってきても、
社風になじまず、ほぼほぼ辞めていくというのが私の結論
なんです。

ぜひ、その私の理論を覆す社風が良い会社が出てきてほしい
ものです。

2019-12-10

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

適性検査は相性を見てほしい

適性検査CUBICは相性を見てほしいですね。
相性って特性と特性のぶつかり合いなんですよ。
特性って、個人の個性なんで、経営者が求める
特性を持っていないからと言って、「ダメ」って
判断するととてももったいないです。

人って感情で動く動物なんです。
相性が合わないと、途端にモチベーションが下がって
しまいます。

特に、適性検査CUBICの結果は、配属する上長や
スタッフとの相性を考慮に入れて、採用を決めて
ください。

2019-12-09

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

適性検査はなんのためにやるの?

中小企業の場合に特化して言うと、
私的には第一義は「会社を守るため」ですよ。
その次は、社員の適性を把握して適材適所な
処遇を行うため。

会社って、組織ですよね。
組織って人と人のハーモニーで構成されている
わけで、それが壊れると組織は簡単に弱体化
するのですね。

そうならないために、人の適性と適性の相性を
発見し、最良のマネジメントを施す必要があり
ます。

それを適性検査CUBICでやりましょう!

2019-12-06

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371

この冬、適性検査を社員全員で受けよう!

年末って企業はバタバタと忙しいですよね。
弊社は年末決算なので、12月に面談等を
行うのですが、面談する際に上長としては
何か「きっかけ資料」が欲しいですよね。

それなら、全社員に「適性検査CUBIC」を受診
してもらい、そのシートを使って面談すれば、
今の仕事と適性が合っている?合っていない?
ということもわかるし、上長が部下の特性に
ついて、しっかりと把握する時間にもなります。

めちゃくちゃメリットがあると思いませんか?

ぜひ、年末面談する会社は、社員全員に受診
させてみるのも、実に面白いと思います。

2019-12-05

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For WEB
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=371