Monthly Archives: 9月 2018

経営者の仕事は組織の指揮者

オーケストラの指揮者は、良いハーモニーを
出すために、「音に妥協」しません。
一人ひとりの個性・特性をすべて把握して、
音のハーモニーを組み立てていく(はず)

中小企業経営者も、そんな「指揮者」の能力
をまとめる力が必要となります。そのためには
組織のすべての人の特性を把握して、どんな
音(経営的成果)をかもし出すか!という戦略
を立てなければならないはず。

その戦略上で、誰の音をレベルアップさせて
いくかを考えて、従業員教育を行う必要があります。

適性検査って、そんな組織をちゃんと作りたい
経営者にこそ、使ってもらいたいです。

ぜひトライアルを!

2018-09-28

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

私なら適性検査CUBICの判定結果「A」より「E」の人を採用します。

これは中小企業限定の話です。
適性診断CUBICの判定結果「A」の人が、中小企業で
活躍する確率は、そうですね10%くらいじゃない
でしょうか?私の肌感覚ですが・・

理由は、プライドが高く、自分の能力を過信していて、
中小企業でやらされる雑多な作業に嫌気がさし、
「こんな仕事は俺の仕事じゃねえ!」的な発想で
辞めていくパターンがものすごく多いのです。
中小企業の仕事をなめているのか?、バカにして
いるのか?それはわかりませんが。

それよりも、「E」判定のほうが、会社に適用する力
があります。頑張ろうとする気持ちもあります。
「E判定」の意味は、その人に適合する適職の幅が
「狭い」というだけなので、働く会社の社風に適合
すると、思わぬ力を発揮する場合があります。
「A」判定のような、プライドも高くない人が多い
ので、「ぷい!」って感じでやめていく人も少ない
です。

これも、肌感ですが。

経営者の皆さん、まずは無料トレイあるを受診して
みてください。

2018-09-27

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

中小企業経営者は社員の適性を把握するだけで意味がある

中小企業経営者に足らないもの。
それは「社員の特性を100%は把握しておくこと」
だと私は思っています。

同じ仕事をAさんとBさんに振る場合、Aさんの特性と
Bさんの特性が異なる場合、その指示の仕方を変えない
とうまくいかないことがあります。

例えば、Aさん「客観性」がすごい高い人だと
その人には「全体像を理解させる必要がある」という
ことです。ただ単に、「この仕事やっといて!」では
だめなんです。「この仕事」の全体像をちゃんと理解
させてから、仕事の指示を行こなってください。

Bさんは「慎重性」がとても高い人だとして、
このタイプの人は慎重になるがゆえに、行動が遅れる
ことが多々あります。その点を理解してマネジメント
しないと、「まだできないのか?」的な言葉を発する
とBさんのモチベーションは一気に下がっていきます。

何事も特性があるので、これを理解して、部下マネジ
メントを行っていくと、組織はうまく回っていきます。

2018-09-26

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICを退職後、みてください。

適性検査CUBICをあまり信用していない経営者が
います。所詮、「占いみたいなもの」と思って、
あまり重要視していない経営者がたまにいます。

しかし、ぜったい活躍してくれると経営者が
思っていた人が「突然辞めます」ってな感じで
辞めた場合、経営陣はビックル仰天なわけです。
そんな経営者におすすめしてるのは、適性検査
CUBICのその人の結果を見ていただくことです。

そのときに経営者は「はっ」と気づくのです。
この適性検査CUBICの診断結果に「すべて書い
てあった」ということに。

後の祭りですが、
その後は、そのたぐいの経営者は適性検査CUBIC
を信頼して使ってくれています。

人間、痛い目にあって初めて何かにすがるもの。

2018-09-25

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

継続は最大の参入障壁

弊社はブログを、ワードプレスというソフトで
毎日書いています。今週は朝一の直行が多かったので
今日が初めてですが、基本平日は毎日書いています。

これが何を意味するか?

どれだけの効果があるのかは私もわかりませんが、
ワードプレスでブログを書くことで、記事がHPの一部
として連動し、グーグル等の検索エンジンにかかり、
検索上位にくるということらしい。

実際は、「適性検査CUBIC」で1ページ目に表示されます。
このブログのおかげだと私は思っています。
ランキングが1ページ目から落ちたことがなく、
常に上位表示されています。

他の業者が、今から一気にブログを800本書くなんて

ことはできないわけで、その意味で、毎日コツコツと
ブログを1本1本、UPしてきた成果がいま出てきており、
それが競合他社への参入障壁となっていると確信します。

継続は本当に力となります。

2018-09-21

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICの診断結果は翌営業日にフィードバックできます。

よく、初めてご利用になる企業様から聞かれることが

「申込もしくは契約はどうすればよろしいでしょうか」

結論は、弊社から「条件確認書」をメールで送付させて
いただくので、それに、企業概況や担当者様のメールアドレス、
パスワード等を記載いただき、弊社宛にメールで送付いただく
だけで、すぐ始められます。

手順

①適性検査の用紙を弊社からpdfでメールで送付
②御社で印刷し、面談者に適性検査を実施(20分厳守)
③弊社宛に解答用紙(A41枚のみ)をFAX
fax番号 03-3556-6541
④弊社から翌営業日に、担当者様のメールアドレスでに
頂戴したパスワードでロックを掛けて、メール添付で
送付いたします。
⑤適性検査の解説書を事前に送付しますので、
それを見ながら、適性検査結果を読んでください。
⑥不明点等あれば、電話をいただければ解説します。

こんな流れです。

至って簡単です。

2018-09-13

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

事務系の企業(税理士事務所、社労士事務所)に向いている人

弊社は社労士事務所です。
社員・パートさんが4名います。
適性検査CUBICの診断結果はほぼほぼ、「D」か「E」です。
これはだめという意味ではなく、診断結果は
仕事に対する適用範囲が広いか、狭いかで判定結果が
決まります。

広いと「A」・・オールマイティな人
狭いと「E」・・特定に仕事に適応可能

弊社のような事務系の会社には、
適用範囲が狭い「E」の人がとても活躍しています。

理由は、「内閉性」が高い(社交的じゃない)とか
「慎重性」が高い(石橋を叩いて渡る)とか、
「規則性」が高い(コツコツと同じ仕事をこなせる)

それ以外の営業職に必要な「身体性」や「達成欲求」
などは全く不要なんですね。

地味でも職人のような仕事ぶりの人がぴったりなんです。

だから、適性検査CUBICの判定結果を鵜呑みにして、
判断するのではなく、自社の仕事の性質をよく分析し
その仕事の特性に合う人を採用されてみてはいかが
でしょうか?

きっと良い人が見つかるはずです。

2018-09-11

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

本当に実力のある人を雇用したいのなら

適性検査を重宝している中小企業は多いです。
人事担当者が、誰を選抜してよいかわからない
時代になったからです。

昔みたいに「面接」で良い人、だめな人って判定が
非常に難しくなっています。
なぜなら、面接本、マニュアル本が沢山書店にならび
みんな予習して企業面接に望むからです。

本当に実力のある人を雇用したいのなら
以下のことを真剣に実践して欲しいところです。

■長文要約テスト
・・これで地頭の良さをある程度見極められます。
長い文章の要点を抑えてまとめる力。
■能力検査(CUBIC)
・・これも最低限の常識が歩かないか
■実地テスト
・・御社の仕事に直結するロールプレイングや
実演テストを実施し、レビューさせる
例えば、販売職なら「販売ロールプレイング」
などを実施する

これくらいやらないと、本当に欲しい人材にたどり
着かないです。適性検査CUBICはあくまで、その
サポート資料ってとこです。

2018-09-10

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

裏読みできない心理テストが組み込まれている

適性検査CUBICは、
心理テストが組み込まれているいるので、
「何を確かめたいのだろう?」と思わせるくらい
裏読みが出来ないテストがあります。

だから、たの適性検査ツールより、
裏読みが出来ないので、より、性格なその人の
パーソナリティを暴くことができます。

実に頼りになるツールですので、
企業様はぜひトライアルを受診され、
採用現場での強い味方にしてください。

2018-09-07

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査のおもしろい使い方

店舗を数店舗持っている企業様におすすめです。

ずばり「組織診断」をやるのです。
部門別、男女別に組織診断の結果が出てきます。
そうすると、組織の「ひずみ」がたくさん浮き出
て来ます。

その原因は、当たり前ですが「組織のリーダー」
である店長のマネジメントの結果なのです。

良いマネジメントしている店長の店舗では、
組織診断結果は悪い結果になりません。
当然、離職率も低いです。

しかし、悪い結果が出る店舗の店長は、マネジメント
が高圧的だったり、マネジメント下手だったりする
ので、部下のモチベーションが下がり、離職率が
高くなる傾向があります。

組織診断はちょっとコストが掛かりますが、
組織の「悪い部分=ひずみ」を発見する良いツールです
ので、ぜひご利用ください。

同時に、店長とサブリーダーとの相性も見れます。
この相性が悪いと、店舗の雰囲気が最悪になります。
このチェックも出来るので、組織診断は有効です。

2018-09-06

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/