Monthly Archives: 8月 2018

適性検査CUBICでは、信頼係数が最も大事

この「信頼係数」を無視しないでください。
最低でも数値が1/2以上ないと、信頼できないと
思っていただいて結構です。

適性検査CUBICが苦心して「あの手この手」
で裏からの質問をしている回答に
「さっきはA」と答えたのに、裏質問だと
「B」って答えていくと、どんどん信頼係数が
下がっていくのです。当たり前です。

そんな人って、以下の2つしかないんです。

(1)意図的に操作(自分を良く見せようとして)
(2)文章読解力なし(逆説的質問を理解できていない)

だから、信頼係数がとても低い人は、
ビジネスマンとして「だめな人」とほぼ断定できます。

ご参考に!

2018-08-07

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICはが完璧でも、人間関係がダメなら・・・

結局、人って、人間関係で辞めていく。

適性が仕事にどれだけ合っていても、
上長との相性や部下や同僚との相性がダメなら
すぐ辞めていきます。

理由は「それほどしんどいことは無いから」です。

まず、その人の適性を見るより、配属する上長や同僚
との「相性診断」をやってください。
それぞれの特性の強い部分が、お互いに受け入れる
ことが出来るかどうかを妄想してください。

例えば、「身体性」がとても強い上長の部下として
「慎重性」がとても高い人が配属された場合、
ほぼ90%の確率で、上長が「いらいらして」
部下を攻撃することになると思われます。
これは仕事の属性で若干異なりますが、
そういうものなのです。

だから、中小企業の経営者がやるべきことは、
「上長との相性診断」なんです。

2018-08-06

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/