Monthly Archives: 8月 2018

モラトリアムの数値が50以上は要注意

信頼係数が高くても、
モラトリアム係数が50以上だと要注意です。

「仕事で悩んでいる」
「私生活で悩んでいる」
とにかく、自分の将来や人生に自信が持てず
悩んでいる人です。

悩みって「前向きか?」「後ろ向きか?」の2つが
あって、上記のモラトリアム係数が高くても
前向きに悩んでいる場合は大丈夫なんです。
不安を払拭してあげれば良い。

そのキーとなる指標が
「勤労欲求」「達成欲求」の2つです。
この特性が高ければ前向きと判断できます。
この2つも低ければ、ちょっと採用はしんどいと
思います。後ろ向きに悩み、入社しても
すぐに離職する確率が高いと言えます。

2018-08-31

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICは正直だ

適性検査CUBICの結果は、とても正直に出ます。
気の弱さ(良い意味で優しさ)が、検査値の中央化
を招き、特徴のない結果となります。

メリハリのある回答が出来る人は、
結果もメリハリが出て、その人の本質を物語ることに
なります。

人事責任者や役員は、面談すると情が移り、感情移入
してしまうことになりますが、それを排除し、
ドライに適性検査CUBICの結果を眺めてください。
そうすると、自分会社に適合する人か、そうでない人か
が見えてくる瞬間があります。

2018-08-28

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICの活用事例

最も活用されているのは、
ずばり、「採用時の面談補助資料」です。

当たり前か!

採用に自社の社風に適合する人を採用しないと
組織はうまく行きません。
だから、御社の社風を適性検査CUBICで分析する
のです。

ハイパフォーマー集団
ローパフォーマー集団
の適性検査を集めて、それらの因子の差を分析
するのです。大きく差がある箇所を発見するのです。
ハイパフォーマーに「強い傾向がある因子」が
御社の特徴ある社風となります。

それが御社の採用基準となるので、
それらの社風に近い人を採用すると組織はうまく
回るはずです。(理論上は)

2018-08-27

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICは意外にまじめ

適性検査CUBICは、診断結果はまじめです。
とても参考になります。
しかし、強弱がない回答の人は、特徴が
あまり浮き彫りにならないので、
わかりにくいです。

弊社の採用基準は、最近は「社交意識が低い」
人を積極的に採用しています。
理由は、「社交意識が低い」人は、他の企業で
落とされているからです。面談で。

弊社は、社交意識が低くても、
数字の計算や先読みできる地頭がある程度あれば、
採用しています。

そんな控えめな方の方が、弊社に合うとわかった
からです。

2018-08-24

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

入社間もないスタッフが辞めると報告あり

ある企業が、弊社の顧問先となっています。
同時に、適性検査CUBICもご利用頂いています。
その企業から「Aさん退職」の知らせが来ました。

Aさんの適性検査を弊社で行っており、
その診断結果の控えを見て「愕然」としました。

信頼係数が「100%中、20%くらいしか無い」

この人は、
「自分良く見せようとして、裏読み質問に不整合
が出まくった人」と言えます。
要は会社を騙そうとしている人と言えるのです。
それか、妄想癖のある人、二重人格っぽい人、

この適性検査CUBICは、普通に回答すると、
信頼係数は70%以上になるはずです。
自分のことをちゃんと真摯に回答すればよい
のですから。

それをやらない(やれない)人は、信頼係数が
低い時点で、「不採用」とすべきです。

2018-08-23

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICは2000円で秘密を暴く力強い味方

私は適性検査CUBICのことをこう思っています。

「たった2000円で、採用する人のパーソナリティ
や社会性、欲求など、面談では表さない負の部分を
すべて暴いてくれる会社にとっての強い味方(右腕)」

弊社は適性検査を10年以上、サービス提供しています。
それくらい、老舗です。
人材採用する際、リクルート等への募集経費は、
あほほど使うのに、この2000円程度の投資を
渋る経営者って、いっぱいいます。

もったいない限りです。
中小企業の経営者に方、
ぜひ、トライアルを受診してみてください。
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
あなたの知られたくない潜在的な特性が「暴かれます」
それを見たあなたは、このツールを使わない理由を
思いつかないことでしょう!

2018-08-22

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

日本全国から受注(FAXやメールで)

弊社はおかげさまで、適性検査CUBICの代理店としては
結構、老舗の部類に入ると思います。
沖縄から北海道まで、全国に利用していただける企業
がいます。メールやFAXで受付、翌営業日に納品させて
頂いております。事前連絡があれば、土日祝の対応も
承っております。

その中でも、毎年、コンスタントにご利用頂いている
企業様が、数十社ございます。
本当にありがたい限りです。

リピートがある企業様にとって、適性検査CUBICは
採用シーンで、切り離すことができないものとなって
いると確信します。

過去に、適性検査CUBICの結果と「同じ現象」が起こり、
その結果を無視したために、失敗した企業様。

または、
経営者等が受診され、「面談では見えない箇所を
暴かれたと確信した」経営者がぞっこんになった企業様。

理由はいろいろですが、
過去の何らかの出来事が起因していることが推測されます。

今後ともご利用、よろしくお願いいたします。

2018-08-21

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICは会社が見逃しがちなシグナルを発信する

企業の経営者や採用担当者の仕事は、「良い社員を採用すること」

したがって、
かなり採用に「前のめり」になっています。

1.履歴書を見て、良さげ
2.面談して、良さげ
3.学歴も良さげ
4.適性検査はちょっと「悪いシグナルもある」が概ね良さげ

このケースの場合、ほとんど「採用」してしまいます。

しかし、いざ、会社に入ると、
適性検査CUBICで「悪いシグナル」が炸裂し、
組織を見出したり、扱えない人材だったりします。

私の私見ですが、「人事で不安要素があれば、
もっと慎重に掘り下げる」べきだと思います。

高い金をかけて、募集採用しているのですから、
一瞬で組織を崩壊させられては、目も当てられません。

適性検査CUBICは、そんな「全員青信号」の時に
ちょっと、冷静に見ていただきたい資料です。

2018-08-20

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICで何を見るのか?

当然ですが、特徴ある「特性」です。

特にパーソナリティの特性です。

それは文章でまとめてくれているので、
そのパーソナリティの文章を「5回」は
読んでください。

その文章で書かれていることを、その人は
ほぼ70%の確率で行動します。

それくらい信頼度が高いです。

そのパーソナリティの文章を読んで、
自社(あなたの会社)の仕事の進め方や
回し方に支障が出ないかどうか?だけを
考えてください。

問題なければ、「採用」
支障が出そうであれば「不採用」

組織がでかい場合は、チーム単位で判断
してください。チームリーダーの特性等
との相性も視野に入れて判断してください。

2018-08-16

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

社長の適性検査

社長も適性検査CUBICをぜひ受診してきみてください。
そして、自分の部下(経営幹部や管理職)の適性診断
CUBICの結果と見比べてみてください。

例えば、「パーソナリティ」を見てください。
同じ特性のタイプだと、おそらくですが

「反撥」します。

うまくいくパターンもありますが、それは短期的に
意気投合するだけで、長期的にみて、同じパーソナリティ
の特性因子を持っている場合、「反撥」します。

そりゃそうですよね。
やることなすこと、同じような発想で行動するわけ
ですから、人として、よほど度量が大きくない限り
イラッと来るものです。

だから、経営者はそのような人を排除しようとする
わけで、ごく自然なんです。

だから、経営者こそ、適性検査CUBICを受診して、
自分の弱い特性を保管してくれそうな幹部や管理職
をブレーンとして登用していきましょう!

2018-08-09

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/