Monthly Archives: 5月 2018

適性検査CUBICは試さないと良さがわからない

適性検査って、どの検査でもそうですが、
一度自分で試さないと、良さってわからない
ものだと思います。

自分のことを「的確に当てれたら」その適性検査
の信頼度は上がるだろうし、外れていれば
当然信頼度は下がります。

それだけのことなんです。
弊社も含めてどの企業も「お試し=トライアル」
を無料で実施しています。
それを受診してから、どうするか決めていただければ
良いかと思います。

トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/

2018-05-30

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

事務するならEXCELくらいマスターしておくべき

この時代、2020に向けて、東京はちょっとバブリー
みたいですね。不動産は高騰し、労働市場の時給単価
はあがっているようです。

しかし、弊社に来た人で、事務を希望と言いながら
「EXCEL」も使えない。

こんな人が事務希望って、「どういうこと?」って感じ
しません。それなら、ユーキャンでも何でもいいから、
一日講習でも良いから、自分にスキルを付けてから
面談来いよ!って感じな人が労働市場に氾濫している
ようです。

もっと自分に対して、ストイックに努力すべきですよ!
もっと、「働く」ってことに、崇高な精神で望むべき
ですよ。(ちょっと怒っています)

もはや、スキルがあって優秀な人は、大手企業に吸い
取られ、中小零細企業は「厳しい人」しか雇用できない。

だから、もう雑用的な仕事は、自動化ロボットに移行
していきましょう。

スキル面は適性検査CUBICでは、診断できません。
今日はCUBICの話はほぼ無しでした。(笑い)

2018-05-29

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

会社に合う人、合わない人

会社に合う人っていますよね。
「なんとなく」という感覚なんですが。
「のり」とか「あうんの呼吸」とか
「馴染み方」というか、

それが社風なんです。

例として、
真面目な人がいたとします。
その人が面接で10:00と言われて、9:50分
に会社に行ったが、会議室に通されたまま、
何の連絡もなく、待たされて10:20分から
面接が始まったとします。

すると、この真面目な人は、その会社に違和感を
覚えます。面接でどれだけ意気投合しても、
最初の印象は拭うことはできないのです。

その真面目な人は「この会社時間にルーズだな」
と思った瞬間、「合わない会社」となってしまう
のです。

すべてがファーストコンタクトの「相性」から
始まっています。

2018-05-28

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICで人事の人が驚くこと

これは以下の1点ですね。

「面談ですこぶる優秀な感じ・・」
だった人が、適性検査キュービックの結果を
見た瞬間、「嘘やろ!?」ってな結果だった時です。

ほぼ、必ず「電話」がかかってきます。

「これ入力間違っていない?」とか
「これどういう意味?」とか
「どうすればよいか?」とか

いつもお勧めしているのが、
2回めの面談を実施していただくことです。
その際に適性検査CUBICの「面接の注意点」等を参考
に、より具体性のある質問を浴びせて、その人の
表情とか、回答内容を試すのです。

かならず、ボロが出ます。
適性検査CUBICは心理テストも含んでいるので、
相手さんは騙しきれないと思います。
面接で良い結果の人で、適性検査の結果が悪い人
は、この対処でお願いいたします。

2018-05-24

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBIC【営業マンに必要な特性】

営業マンに必要な特性は以下のとおりです。
※新規営業編

・身体性が60以上・・必須
・危機耐性60以上・・必須
・達成意欲60以上・・必須
・勤労意欲60以上・・必須

こんな感じでしょうか?

2018-05-23

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査キュービックは好き嫌いがある

信者になる企業と、
あっさり、SPI等の他の適性検査に移行する
企業と2つに分かれるでしょうか?

この差って、
最初のトライアル時の「インパクト」で決まる
ような気がします。

トライアル3名無料で、人事責任者もしくは
経営者が、ご自身を受診した場合、
その結果が「とても良くあたっている」場合は
採用となる確率がとても高く、継続して使って
いただけます。

しかし、よくあるパターンで、人事責任者や経営者
が受診して、その方たちが内向的でコミュニケーシ
ョンベタな事がある場合、そんな人は適性検査CUBI
Cで、悪いコメントが出たりします。
そうすると「採用はNG」ってことになるのです。

結局、好き嫌いってことですよね。

2018-05-22

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICの中毒性

我が社は適性検査CUBICをサービスメニューに
してから、10数年経過しています。
代理店として、最も古い企業の部類に入ると思います。

我が社でパートさんを雇用する場合、
適性検査キュービックは「必須」ですね。
これをやって、中身を見てみないと、
「落ち着かない」「安心できない」「仕事の振り方
がわからない」「マネジメントの仕方がわからない」
等々、色々不安があるので、
それを解消するために、必ずやっていただきます。

表現が悪いですが、適性検査CUBICは「中毒性」
が有るってことです。

経営側は人に対して不安を持っているので、少しでも
その不安を解消するために、受診させます。

それにより、仕事の与え方、仕事の覚えて頂く
順番、指導の仕方等を「人により変えて」います。

これは組織を活性化させるために重要です。
真似してください。

中毒性は言い換えると「習慣化」です。
良いことです。

2018-05-18

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICの使い方(面談編)

私は中小企業に対して、「面談を2回してください」
と言っています。

理由は、1回めの面談で「良いな」と思った人を
適性検査CUBICを受診させ、2度めの面談で
具体的な答えが返ってくる質問をするのです。
その際に、「長文要約」や「時事問題」「発想力強化」
等のテストを実施しても良いかと思います。

入社させる時に、とても基準を厳しくしておかないと
辞めていただくことは日本の労働法ではとても
大変です。

だから、変な人を自社に入れないためにも、
適性検査CUBICで採用基準を厳正化してください。

2018-05-16

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICの心理的な顔

適性検査CUBICは、その人の特性を
捉えて、心理的な「顔」で表現します。

その顔を見ただけで、その人がどんな特性
を持っているのかが瞬時にわかります。
それくらい、的を得ていると言えます。

ダメっぽい人は、そんな顔に。
やる気満々の人は、そんな顔に。
努力家の人は、そんな顔に。

一度、まじまじと見てください。
面白いですよ。

2018-05-15

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICは儀式で良いのか?

適性検査等を企業が採用する場合、
人事責任者の「儀式」として採用するケースが
たまにあります。
面談だけじゃ適切な人材を見抜けないので、
客観的なツールとして適性検査を利用する
というものです。

まあ、それでも、やらないよりはやった方が良い
です。必ず、面談等ではわからないその人の
奥深く潜む特性があります。

適性検査は、今どきの学生の素性を暴く
良いツールだと思いますよ。

2018-05-14

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/