Monthly Archives: 1月 2018

ネットで適性検査CUBIC

面接予定者が在宅でインタネットで
適性検査CUBIC試験を受けられます。
もうすぐサービスを開始します。

その結果を見て、良さげな「特性・適性」
を持っている人がいた場合、その人のみを
一次面談に呼ぶことができるので
とても企業としては効率が良くなります。

そして、一次面談をパスした人のみ、
能力検査(論理、図形等)を受けさせれば
ほぼ、採用して良い人材かどうかが、
面談の1回で済むことになります。

ぜひ、ご活用を!

2018-01-30

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBIC For Web は便利だね!

適性検査CUBICをウェブ上で診断できるツールが
そろそろ、我が社もリリースするのですが、
その前に、トライアルで弊社も体験しました。

CUBIC For Webはとても、便利です。
中小企業の人事担当者が、面接予定者にメールを
送付し、試験期間を決めて、面接予定者に受診して
もらいます。メールに試験問題にアクセスする
リンクを送付して、受験者がそれをクリックして
試験開始ボタンを押すと、適性検査がスタートします。

適性検査の診断を誰がいつやった等の「速さ」
「時間計測」「前向きかどうか」などが、
管理画面からわかります。

受診診断結果もすぐその場でダウンロードして見れる
ので、中小企業にとっては、弊社のような委託企業に
試験結果をFAXし、翌営業日に受信結果をメールで
もらうという形式よりも、自分流(企業の流儀)
で段取りが組めるので、有効ですね。
また、大量に面談予定する中堅企業や大手企業に
おすすめです。

公開までもうしばらくお待ち下さい。

2018-01-29

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

能力検査の「論理」だけでも受診させてください

新卒でも、中途でも、適性検査は行うにして、
適性検査CUBICの「能力検査」の「論理」の問題が
あります。これを採用予定者に受診させて、
論理性の高い・低いを見ておいたほうが、後々
社内で揉めないために有効だと思います。

仕事って、基本、論理性の頭の回転が求められます。
それが「低い」ということは、面接でどれだけハキハキ
明るく笑顔で対応しても、「頭の回転力が乏しい」
ということが、ある程度証明されるので、
採用は見送ったほうが良いと思います。

そんな重要な指標なんです。
今まで、適性検査しかやっていない企業様は、
ぜひ能力検査もあわせて受診させてみると、
自社で活躍する人材が浮き彫りとなり、戦力な人材
を採用することができることでしょう!

基礎能力検査・・論理含めて3科目で2,000円
となります。

2018-01-26

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICを採用時の必須ツールに!

採用面接時の必須アイテムとして
適性検査CUBICを追加してください。

良い相棒になりますよ。
自社の社風にあう人を見つけられますよ。
特性を知り、適材適所な配置ができますよ。
リーダーとサブリーダーの相性を診断して、
組織づくりができるので、組織のパフォーマンス
がとても向上しますよ。

たった2000円で、これだけの効果がある
ツールはそんなに無いと思います。

投資って金額じゃないので、採用コストに含めて
しまえば、なんてことはないはず。

適性検査CUBICを採用時の必須ツールにしてしまえば
採用担当者のあなたの負荷はすこぶる減りますよ。

2018-01-25

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

もうすぐ適性検査CUBIC(WEB版)のリリース

今、HPを改修しています。
もうすぐ適性検査CUBIC(WEB版)のリリースができそうです。

どんなメリットがあるか?

①採用選考の業務の省力化の実現
・受験会場や試験監督の準備などの手間やコストの削減
・応募者の適性検査結果をWEB上ですぐに閲覧が可能

②適性検査の運用をより手軽にできます。

・WEB媒体からの応募者情報を一括取り込み可能(リクナビ・マイナビの応募者情報同期)
・応募者重複チェックが可能
・応募者への一括メールの送信が可能
・複数IDには重複チェックにより不正防止が可能
・受検時間を管理し、時間オーバー等のチェック可能
・受検ステータスの状況把握が容易にでき、受検に積極的かどうか判別可能
・絞込後、応募者に合否の連絡が可能

③WEB受検の不正対策
・コピー&ペーストが出来ない。また、検索が出来ない。
・直感での回答スピードが求められるため対策が困難(タイマーで時間表示)
・矛盾度も測定し意図的な回答をある程度可視化
ぜひご検討を!(まだリリースしていませんが・・)

2018-01-24

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

集団での行動分析

最近思うことが有ります。
適性検査CUBICはとても優れたツールです。
それを個別の採用面談時に活かししてください。
というのが私の考えなのですが、

これを活かせばいかがでしょうか?

そうです。
適性検査を受診させて、合格した人に対して
「集団グループ討議」をやらせてみて、
協調性やコミュニケーションスキルを見て
みるのは、とてもおもしろいと思います。
集団で、各人の行動特性も分析できます。

まあ、時間的に余裕のある企業だけですがね。

2018-01-23

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICで「E」判定の人は使えないか?

私は「そんなことない」と自信を持って言えます。
なぜなら、我が社のスタッフで「E」判定の人が
いましたが、今はとても活躍してくれています。

「E」判定の人は、「職域が狭い」ということに付きます。
仕事が出来ないわけではないのです。
自分に適合する職業であれば、とても頑張ります。

部下を持つ管理者のマネジメントとしては、
そんな人に、職域を広げていくさりげないマネジメント
術が必要なのだと思います。
小さな成功体験を経験させ、「ほら出来たじゃない!」
「だったら、これもできるからやってごらん」的な
仕事の与え方をしていくと、どんどんできる仕事が増えて
行くことになります。

仕事ができるか、出来ないか、は
その人の「プラス」か「マイナス」かの考え方しだい
なんです。何事も前向きにチャレンジしていける人って、
必ず、仕事ができる人になりえることができます。

2018-01-22

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

「どんな人が欲しいですか?」

この質問に対して、経営者や人事責任者の方
が明確に回答できますか?

「できる」と言い放った御社は、おそらく
良い人材を今後も確保していくことができる
ことでしょう!

「うーーん?」と一瞬でも考え込んだ場合は、
まだまだです。自社での欲しい人のイメージや
スキル、特性について、何も真剣に考えていない
ので、とっさに思いつかないのです。

まずは、自社の社風を真剣に討議し、整理し、
その社風にぴったり適合する「社員像(イメージ)」
を妄想し、定義づけるのです。

それが御社の欲しい人材となります。

適性検査CUBICで、社風分析ができますので、
ぜひ一度、現有社員に適性検査を行い、
自社で活躍する人材像を構築してください。

2018-01-16

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

人は環境でいくらでも変われる!

人は働く環境の良し悪しで、
いくらでも「成長」できます。
それは適性検査CUBICで言う、社会性ややる気
なんです。

社会性ややる気は、会社の労働環境がその人
の相性とピッタリくれば、ぐんぐん、数値が
変化し、職場に対応できる人に変貌できます。

結局、私が言う「社風」にその人のベーシックな
特性が適合するかどうか、そして、その特性を
うまく開花させることができるか?にかかって
来ます。

これは、言うは易しなんですが、
なんとなく社風なんてものは、その部屋に入った
瞬間にわかるものです。「ビビッと来る」という
感覚ですかね。

2018-01-15

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICは魔法のツールではない

適性検査CUBICで採用の判定を行っているとしたら
それはちょっと使い方を間違えています。

採用面接はあくまで
(1)面談
(2)筆記試験(時事問題や考え方のテスト)
(3)適性検査

面談がベースです。
その人の考え方や自社の社風に合っているかどうか
等をヒヤリングしながら、相性などを検討する。
そして、筆記試験でその人考えや文章力を知る。
最後に、その人の特性をちょっと見てみる。

あまりにも、面談のイメージと異なる場合には、
適性検査シートを元に、再度面談する等の
補助シートとして使ってください。

2018-01-12

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/