Monthly Archives: 11月 2017

現有社員の分析は年1回定期的に!

中小企業の場合、
現有社員分析を「年1回程度」定期的に
実施することをお勧めします。
それを「個人別」に時系列に特性がどう変化
していったかを分析することで、
自社の社風に馴染んでいる人、馴染んでいない人
また適材適所な人、そうでない人などが
浮き彫りになってきます。

健康診断でも、なんでもそうですが、
「分析結果」は時系列に表示して初めて意味があります。

弊社でも特性因子をcsvに出力することができます。
年間契約をしていただければ、毎年、データでの還元
も行いますので、お気軽にお問い合わせください。

2017-11-28

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査は万能か?

適性検査は所詮、その人の適性(強みと弱み)
を把握するためのものです。
その人が仕事ができるかどうかなんてわから
ないわけです。

そこのところを勘違いしている人が多い。

だから、面接が大事で、その面接時にどれだけ
その人の「素」を見極める必要があります。
それには、色々な角度から本人の特性を把握
する努力が必要です。

適性検査CUBICはお役に立てると思います。

2017-11-27

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

やっぱり社風が大事だよ

どれだけ、適性検査CUBICで優秀な人材を
発見し、採用したところで、入社した企業の
「社風」、「企業文化」、「人間関係」、
「社内ルール」、「後輩イビリ」等がある企業
は、人はすぐ辞めていきます。

反対に社風が良い会社って、人は辞めて
いきません。

「良い人材が採用できない」と嘆く前に
自社の社風や理念、ポリシー、ビジョンを
再構築し、人が働きやすい組織や仕組みをつくり
新たな人を迎え入れないと、「入った」「やめた」
の繰り返しとなります。

このような企業は、適性検査をやっても
お金をドブに捨てるようなものです。
ムダです。まずは、人のせいにせず、
自分たち(経営者や幹部社員)のどこに原因が
がるのかを自己分析することからスタートさせる
ことが賢明です。

現有社員、全員に適性検査CUBICをやってもらい、
それで組織間の相性を診断し、良いチームづくり
なども行えます。

まずは「現有社員3名無料」のトライアルから

2017-11-21

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

ダメな適性なんてない

よく適性検査をすると、数値が低い指標(特性)
ばかり気になり、数値が高い特性に目が行かない
経営者や人事担当者も多いことは事実です。

しかし、数値が低いことも、その人のパーソナリティ
なので、その特性とうまく付き合いながら、仕事を
していける環境をつくってあげるのも、経営者の仕事
だと思うのですね。

だから、ダメな適性なんて無いんです。そべて個性なの
で、それを否定していくと、組織はギスギスして、うまく
まわりません。完璧な特性の人を中小企業がうまく採用
できれば良いですが、世の中それほど甘くないです。

中小企業の人材採用戦略や組織戦略は、寛大かつ慎重に
進めていく必要があります。

2017-11-20

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査+職務適性検査が一番人気

弊社の適性検査で、一番人気は
3000円(税別)の「適性検査+職務適性検査」
です。

採用適性検査

理由は、中小企業は「営業マンを取りたい」「事務系の職員」
を採用したい等、自社の配属するポジションがあるはずです。

そのポジションに適合しているかどうかを数値で診断する
のが、「職務適性検査」なんです。

採用面接の省力化にお役立てください。

2017-11-17

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

本当に欲しい人材は?

中小企業の場合、即戦力を求める傾向になります。
しかし、いろいろな企業を渡り歩いてくるうちに、
まじめ・誠実・正直という最も職業人としてベー
シックなものを失った人が多いように思います。

嘘をついて入社しようとしたり、正直に失敗を
報告しなかったり、隠そうとしたり、あとで会社
内で揉めるもととなります。

正直や真面目、誠実なんてことは、適性検査CUBIC
ではわかりません。しかし、適性検査で出た結果を
元に、ちょっと相手が嫌がる質問をどんどん、投げ
かけることは可能です。
その瞬間の顔の表情や態度、振る舞いを見て、判断
するしか無いですね。

どんなスキルより、中小企業にとって大事なことは、
「正直であること」「真面目であること」「誠実で
あること」「嘘を言わないこと」など、人間として
ビジネスマンとして、基本的なことが備わっている
かどうかでしょうね。

2017-11-16

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

新卒者の売り手市場

今、大手企業の好景気と少子高齢化により、
新卒採用が「売り手市場」らしい。
入社辞退が過去最高となったと報道されていました。

「ふーん」

中小企業にどんどんしわ寄せがくるな。
まあ、中小企業は慎重に採用していきましょう。
大手を落ちまくった新卒者は要注意です。
しかし、最近の若者には、大手志向ではない
ベンチャー志向の人も多いので、いい人材が
見つかる可能性もあります。

そのときに、活用してほしいのが、
適性検査CUBICです。その人の特性がばっちり
わかります。自分の会社で活躍する度合いも
ある程度、推測することができます。

それが、恐るべし適性検査CUBICなんです。

2017-11-14

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

好みですが、私は「低い特性」を重視します!

よく、「良いところを伸ばしましょう!」
とコンサルタントは言います。私のコンサルタント
なので、研修等でそのような話をします(笑い)

しかし、自社の採用に対しては、
適性検査CUBICを見て、「低い特性」に着目します。

それは過去に「痛い目」にあった経験があるからです。
良い面ばかり見て採用すると、「悪い面」が表面化
した際に、経営者として、自分の感情や悩み度合いを
うまくコントロールできなかったからです。

要するに「悪い部分」が気になって仕事に集中出来なく
なったのです。

だから、私は数値の低い因子(特性)を重要視して、
面談等を行っています。

2017-11-13

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査は面白いからスタート!

適性検査CUBICは、実に面白い適性検査だと
思います。顔の表情で、その人のイメージを
表現しています。

また、適職等を明確に出してくるので、
「倉庫番」とか「営繕補助」などと出てきます。
これって、適職の幅を意味しています。

しかし、弊社スタッフ、みんな、判定結果は
「D」とか「E」ですが、弊社でとても戦力化
されて、活気づいて働いています。

どういうことか?

「パーソナリティ」でよほど、会社にとって
マイナスな人は避けて、それ以外の「社会性」
や「やる気・意欲」は会社の社風により、
何とでも人は適用できるということを証明
しています。

だから、実に「面白い」のです。
適性検査は100%鵜呑みしちゃいけません。
あくまで参考資料です。

2017-11-09

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

面談では人の深層心理は見抜けない

人は「嘘をつく」からです。
平気で明るい顔して、嘘をつきます。

そりゃそうですよね。
必死で正社員になりたくて、面談に臨むんですから。

そんな場面で、面接官はその嘘を見抜けますか?
おそらく、50%くらいはだまされちゃうんじゃ
ないでしょうか?

そのために、補助資料が必要なんです。
ある程度、その人の深層心理がわかる資料が。

それが適性検査CUBICなんです。

トライアル3名まで無料です。
ぜひお試しあれ。下記のアドレスから登録!

2017-11-08

適性検査CUBIC(キュービック)
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/