未分類

中小企業の場合、人の特性を経営者が把握することは必須条件

組織、特に10人前後の中小企業の場合、
人の特性をどううまく組み合わせるか?
が経営者やマネジャーの腕の見せ所です。

そのためには、適性検査CUBICの出てきた
結果を経営者やマネージャーはしっかり把握
し、適材適所というか、組織マネジメントに
活用して欲しいところです。

組織って、チーム、所詮、「人の集団」なんです。
人の集団となると、できる人と普通の人と、
出来ない人が混在するわけです。

その組み合わせを最適化し、最大のパフォーマンス
を発揮するチームを作ってください。
そのために、適性検査CUBICをフルに活用してほしい
ものです。

まずはトライアルから!

2019-05-20

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICの採用ピークは終わった!

中小企業の採用ピークが終わった感じですね。
3月と4月が最も多く、5月入り、適性検査依頼が
下火になってきています。
来年度の採用活動がほぼ終わった?ってとこでしょうか。

しかし、今は人の採用、大変ですよね。
みんな人材の奪い合いです。
スキルの高い人は奪い合い。
スキルの低い人は、労働市場でぷかぷか溢れている
感じすかね。

礼儀作法がしっかりしていて、自分の考えを持っていて、
スキルを磨く熱意というか、情熱があれば、
労働市場で高く高く売ることが可能です。
2019-05-16

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICをレギュラーで使って頂いている会社に感謝

適性検査CUBICには、WEB版があります。
これって、意外にレギュラーで使っていただいています。
継続性があるってことでしょうか?

自社でツールを従量制で使えるので、
しっかりした担当者がいる場合、とても良いツールだと
思います。自社で面談予定者へメールをし、適性検査を
受診してもらい、その結果を管理画面からチェックしな
がら、受診が早い人、遅い人など、自社に対する「気合度」
もわかったりするわけです。

今後は、自宅で適性検査を受診させ、その結果が良さげな人
を対象に、実際の面談を実施するという効率の良い採用方法
が良いかと思います。

まあ、企業に募集が殺到するような魅力があれば!の話ですが。
魅力がない職場だと、そもそも、募集が来ないです。
これが中小企業の困った点です。

2019-05-15

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

三本の矢の一つが給与計算代行

弊社の事業は大きく3つ。

1.適性検査CUBIC
2.給与計算代行
3.総務労務手続代行(社労士手続き代行)

4.経理記帳代行・・これから事業化する

昔は、「Pマークコンサル」
「人事制度構築コンサル」
「社員研修事業」
「生命・損保代理店」
「社会保険料削減コンサル」等々

いろいろやっていましたが、
上記の3つのビジネスモデルに落ち着きました。

すべて「社員へ権限委譲できる業務」です。
これで経営者としての私の、考える時間が
創出し、さらなる5番目、6番目の新規ビジネス
を立ち上げることが可能となります。

社長の仕事は、ビジネスオーナー的な役回りに
なることです。そこがとても大事なことなんです。

2019-05-14

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

ブログを書き続けてはや5年

思えば遠くに来たもんだって感じですね。
5年もブログ書いていると、ネタが無くなる。
毎回同じようなことを書いていますが、
それでも、継続は力ってことでやっています。

適性検査CUBICは、ベンチャー企業支援に
取り組んだツールなんです。これが今でも
継続して北海道から沖縄までのお客様にご利用
いただき、感謝の言葉しかありません。

採用の時期になると、毎年ご利用いただけるお客様、
中途採用のたびにご利用いただけるお客様、
本当にありがたいことです。

これからも継続していきます。

2019-05-13

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

ブログを見て適性検査のトライアルをいただきました

私のブログを読んで、適性検査CUBICのトライアルの
発注をいただきました。ありがたいことです。

適性検査CUBICは、そこそこ有名になってきたとは言え、
SP●に比べれば知名度はとても低いので、
全く認知されていないと言って良いです。

そんな中、ブログを読んで、トライアルを発注していただく
ということは、とても大事なことなんです。

知毎度が低い分、トライアルで実感していただくことで、
より「信憑性」が増すので、トライアルは有益なんです。

だから、どんどん、御社に採用シーンにご活用ください。

2019-05-08

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICを受診させないと不安?

適性検査でも占いでも、なんでもそうですが、
一度「的中」したものは、人間は崇拝し、何度も
繰り返し使うようになります。

適性検査CUBICもその人の素性を75%的中させる
ので、みんな惚れ込んでくれます。

だから、新規に人を採用する際には、
必ず「適性検査CUBIC」をご利用いただけています。

私は、一人2000円(税別)なので、
投資としては、とてもとても安価だと思います。

もっと日本中に普及させたいところですが、
メジャーな適性検査が先頭を突っ走っていますので、
まだまだですね。
そんな中ご利用頂いている企業様には、
ありがたい限りです。。

2019-04-25

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

通年採用は適性検査請負業者にとって追い風?

経済連と大学側が、「通年採用」で合意したと
発表がありました。日本の大学の通年採用の
イメージがあまり湧きませんが、青田買いの
傾向が強くなるってことでしょうか?

採用タイミングが年間に数回あるとすると、
その都度、適性検査を実施するタイミングも
増えるってことなので、
いろいろな学生が、アチラコチラで重複して
企業を渡り歩くとなると、面談機会も多くなり
適性検査発注回数も多くなる?と勝手に予測
します。

しかし、弊社の場合、中小企業さんがメイン
なので、あまり関係ないかもしれません。

適性検査CUBICのWEB版が普及するかも
しれませんね。期待しましょう!

2019-04-23

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICのトライアル3名まで無料!好評中

適性検査CUBICは弊社のロングランヒット商品と
なっています。弊社が作ったわけではないのですが、
私が、約17年前に適性検査ツールを探しているとき、
あるメーカーの商品が目に止まり、すぐトライアルを
受診したのです。

そして、その結果に「唖然!」「驚嘆!」
を感じたのを覚えています。

「すべての私があばかれている」と思ったのです。

これは中小企業の採用支援に使える!って思って、
すぐ代理店契約をし、今に至ります。
適性検査CUBICは、その人の隠れた特性をすべて
(ほぼ80%)を発見することができます。

だから、御社で、まずは社内の3名を選抜し、
トライアルを受診してください。
HPから申し込みいただくと、自動的に問題用紙
のリンクを送付します。それに応えて、弊社に
FAXするだけで、基本、翌営業日に結果が届きます。

その結果を見て、驚嘆することでしょう!
「なんでそんなことまでわかるのだ!」って。

このツールを一度使い始めた企業様はよほどのことが
無い限り、採用のたびに使っていただいております。
それくらい信憑性がある適性診断ツールだと言えます。

まずはトライアルを!

2019-04-18

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

人にはそれぞれ個性がある

会社は、多様性を受け入れる時代に来ていると
思います。会社の論理で、一律に優等生を集めて
も、今の若い人って、良くも悪くも「自分中心」
で行動するため、会社もその自分中心の考え方
を広い心で受け入れることが必要になって来て
いるように思います。

「多様性!」

言葉でいうとかっこいいですが、
いろいろなタイプの人を集めて、
自社の経営ポリシーをぶつけてみて、
それになびく(賛同してくれる)人をどんどん
雇用し、彼らの多様性を思う存分発揮させる
環境を提供することこそ、経営者が考えないと
行けないことではないだろうか!

あまりにも、人のトラブルで困っている会社が
多すぎる。みんな病んでいる。
会社も昭和方式にスパルタ式で押し付ける。
若い社員は多様性の発揮で頑張ろうとしているが
昭和世代から見ると「ぬるま湯」って映るの
でしょうね。

昭和世代の意識を変えることは大変ですが、
変わらないと、会社自体が存続できなくなる。
その危機感を昭和世代の経営者はそろそろ
持つべきだろう。

2019-04-17

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/