cubic

社員を追い込むのもほどほどに

中小企業経営者は、自分が仕事ができるあまり
部下や社員に過度な期待を持って、接してしまいます。

「もっと頑張れ!」
「俺ができること、なんで無いのか?」

この追い込み方が最もきついです。そして、メンタルが
やられて、やがて会社からいなくなります。

理由は?

できる経営者って、
「もっと」「頑張れ」「なんでできない?」的な抽象的
な表現で部下や社員を追い込んでいくからです。

部下を育てたいなら、もっと「全体理解」と「具体的な
指示」を行わない限り、本人は一生懸命努力してやって
いる「つもり」なので、もうどうして良いかわからない
状況なんです。

だから、具体的指示が必須なんです。

そうしない限り、一部の優秀な人を除いて、部下はすべて
潰れていきます。

これ真実。

2019-01-24

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

御社は採用予定者の何を知りたいですか?

社員を採用する際、履歴書や職務経歴書を提出
させますよね。それでほとんど学歴やキャリアの
情報が載っています。

後、面談するので、その人の素養や言葉遣い、態度
などがわかります。

後、何が知りたいですか?
その人の地頭力を知りたければ、「能力検査」や
「筆記試験」をやれば良いです。ある程度の時事
問題に詳しいとか、文章読解力があるとか、能力
検査により論理性や英語力などがわかります。

上記のことで、仕事に関する力はほぼすべてわかります。
わからないことは、その人の隠れた「性格」「特性」
なんです。これがわからないのでみんな苦労しています。
面接は所詮1時間程度なので、なんとか取り繕うことが
できるので、細かい性格等はわかりません。

本当に真剣に、自社の社風と適合する人材を採用したい
のであれば、適性検査CUBICを実施してください。
誰でもよく、能力が高い人を採用したいのであれば、
適性検査CUBICをやる必要は無いと言えます。

まずはトライアルを!(3名まで無料)

2019-01-23

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICの心理的イメージ

適性検査CUBICの心理的イメージはわかりやす。

ずばり、その心理的イメージを見るだけで、
その人が「どんな感じの人」なのかわかります。
それくらい人相をうまく表現しています。

<顔イメージのサンプル>
http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/?page_id=20

やる気がありそうな人。
ちょっとおとなしい人。
几帳面で真面目な人。等々

まずはトライアルでご自身の適性検査CUBICを
受診されてみてはいかがでしょうか?

2019-01-22

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査は「退職したスタッフ」が出た時に見てください。

中小企業の経営者で、適性検査CUBICをやっているのに、
あまり信用していない人がいます。信用していないという
より、見方をよく理解していないので、放置していると
言ったところでしょうか?

そんな中小企業経営者の方。
御社に退職者が出た際に、入社時に行った「適性検査」
結果を冷静に眺めてください。文章やその人の特性を
すべて眺めてください。

辞めていった人の行動特性や特徴ある特性が浮き彫り
になっていると思います。
そこで初めて経営者が気づきます。

適性検査CUBICはすごいって。

2019-01-21

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査CUBICで何を観る?

適性検査CUBICを実施した場合、企業経営者や人事責任者
は診断結果のどこを観るのか?

(1)信頼係数・・最低でも50%以上無いと、嘘をついている
と判断しても良いかと思います。
(2)モラトリアム傾向・・これが高いと、公私に渡り悩んでいる
ので、採用は見送った方が良いかも。
面談で、前向きのことで悩んでいる方はOKですが、
あまり世の中でそんな人いないですよね。
(3)係数は偏差値なので、55以上の特性と45以下の特性を
抽出し、チェックする。
(4)診断資料のパーソナリティの文章(5、6行)を3回読む
(5)面接時の注意点を確認し、再度面談する際に意地悪質問
を行ってみる。

このポイントで適性検査CUBICをご利用ください。

まずは3名無料のトライアル受診からやってみてください。

2019-01-17

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

適性検査は何のためにやるのか?

人事担当者は、たまに、自分の仕事の効率化
を行いたいために「WEB版で能力検査」を
行おうとします。

しかし、能力検査って、「替え玉」が可能です。

いざ、面談時に、その人の替え玉的な能力を
見抜けなければ、とても損害を被ることになります。

だから、適性検査は、会社に面談に来た際に
時間を20分、きっちり図って、問題を解く姿勢、
表情、時間内に終わるか?等々、態度や仕草
を観ることも仕事の一つと「人事担当者」は思った
方が良いですね。

適性検査は、その人の人となりをすべて暴くツール
なんです。だから受験している姿からテストなんです。

2019-01-16

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

CUBICのWEB版、初契約しました。

適性検査は、本来、面談時に対面で診断することをお勧めします。
しかし、中堅企業や大手企業は、採用に対して大量の応募が
ある場合など、いちいち面談を全員できないのが現状です。

その場合は、CUBICのWEB版をご利用ください。

適性検査と能力検査が可能ですが、能力検査は、別人がテスト
をやる可能性(替え玉)もあるので、おすすめできません。

適性検査だけなら、WEBで自宅から受診させ、その結果を
見て、良い特性(自社に適合する)を持っている人のみを
面談するのは一つの手です。

面談時に、WEBで実施したて適性検査結果を見ながら
質問等ができるメリットがあります。受診者も面談の
時間を短縮できるメリットがあります。

CUBIC For WEBをぜひご契約ください。
利用するまで費用は発生しません。

2019-01-15

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

組織は人なり

組織は人だとつくづく思います。
組織って、人の生産性に依存しています。
押さえつけてうまくいかないし、
甘やかしすぎてもうまくいきません。

そのマネジメントのさじ加減がとても難しいと思
います。

だから、相性がとても重要になってきます。
それと、同年代だけではなく、若手、年配者の
ハーモニーも大事だと最近思うようになりました。

組織は究極、「家族」なんですね。
家族って、誰かが困っていると必ず助けます。
誰かが問題提起すると、みんなで喧嘩モードで
議論します。誰かが調子が良いと、そのお裾分けを
します。家族って、すごい強い絆で結ばれています。

それが究極の組織じゃないかと個人的には思います。

組織は理論では作れません。コテコテした感情の渦
をどうさばくか。組織は人の感情で成り立っています。

2018-12-10

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

組織は一日にしてならず

組織を簡単に作ろうなんて思わないことです。
人の感情が渦巻く組織は、そう簡単には構築
できません。

まず、御社の効率良い業務の流れを作成し、
そこのふさわしい「リーダー」を配置してください。
以下が注意点です。
(1)サブリーダーはリーダーとの相性をみる
(2)配下メンバーはリーダーの特性にそう人材を
採用する

組織は「できる人(野球で言う4番打者)」を
たくさん集めれば、強いか?
そうじゃないですよね。バントできる人、守備が
上手い人足が速い人、色々な人がいて組織は強く
なります。

その相性を見極めるのも、経営者の仕事です。

この特性をあぶり出す武器が適性検査CUBICです。
ぜひ、トライアル受診あれ。

2018-12-07

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/

人それぞれ!

人はそれぞれの個性があります。
それを見極めるのが、会社に人事の責任者の
仕事なんです。

「良い人」
「いい人」
「できる人」
って、企業側は言いますが、
そんなものは、御社の社風にかかっています。
御社の社風が魅力のないものであれば、
どんな高給を出しても、誰も来ません。

人って、生活のために働くって人もいますが
それだければ無く、キャリアを積みたいとか
楽しく仕事したいとか、自由にシフトを組みたい
とか、生活の基盤があるのですから、
そのニーズに応えていくような労働環境の
整備とかやっていかない限り、
いわゆる「良い人材」は御社に入ってきません。

断言します。

2018-12-05

http://tekisei-cubic.re-p.co.jp/
トライアル3名まで無料
https://re-p.heteml.jp/contact/entry/
お問い合わせ
https://re-p.heteml.jp/contact/